プラセンタの成分

Pocket

最近注目を集めているプラセンタ。
どうやら体にいいらしい、どうやらアンチエイジングに効果があるらしい、という事は聞いた事があっても具体的にどういう成分で成り立っているのかという事は「よくわからない」という方が多いと思います。

プラセンタの原料は胎盤ですので、胎児が成長する為にも私たちの身体が必要としている成分がぎっしりと詰まっているのです。
代表的なものだけでも数十種類あります。

まずはアミノ酸です。
アミノ酸だけでも必須アミノ酸等の数十種類ものアミノ酸を含みます。

そして、タンパク質にミネラルやビタミン、活性ペプチド、ムコ多糖類、酵素に糖質、グロスファクター(成長因子)等々、とてもたくさんの成分から成り立っているのです。
その豊富な栄養素や細胞分裂を促す生理活性物質などが、医療の現場や美容の分野でとても重宝されています。

人由来のプラセンタも動物由来のものも成分としてはほぼ一緒だと言われていますが、最近では馬由来のものには特に多くのアミノ酸が含まれている事がわかり注目を集めています。

This entry was posted in プラセンタ. Bookmark the permalink.

One Response to プラセンタの成分

  1. Mr WordPress says:

    こんにちは。これはコメント例です。
    コメントを削除するには、ログインしてその投稿のコメントを表示させてください。そこでコメントを編集したり削除したりすることができます。

他にもこんな関連記事があります