顎関節症の原因


「顎が痛む」「口を開けると顎が鳴る」「口を大きく開けることが出来ない」こういった症状は顎関節症の典型的な症状と言えます。顎関節症というのは、顎の関節の周辺に何らかの異常が起こっているのです。

顎関節症になる原因をここでお話していきたいと思います。
かつては顎関節症は噛み合わせの悪さによって起こると言われていたのですが、それだけが原因ではないことが最近になって分かってきました。

顎関節症というのは、1つの要因で起こるのではなく複数の要因が重なって起こると現在では言われています。顎関節症は日常生活の習慣の積み重ねによって実は起こると言われているのです。

例えば、歯ぎしりであったり、歯のくいしばり、食事の噛み癖、頬づえをつく、こういった習慣の積み重ねで顎関節症になる可能性があるのです。また、このような習慣というのは、ストレスによって起こっている可能性もあることから、ストレスから顎関節症になるということもあるようです。

その他には、急に口を大きく開けたり、顎や頸部頭を強打したことによって、顎関節症になることもあります。顎関節症の原因というのは、大半が日常生活の何気ないことなのです。顎関節症は軽いものであれあ自力で治すことが出来るのですが、酷くなると病院で手術を受ける必要があり、高額な治療費がかかる病気でもあります。

十分に気をつけなければなりません。

ピックアップ

噛み合わせの悪い歯は新宿デンタルオフィスまで
噛み合わせの悪い歯は新宿デンタルオフィスまで
噛み合わせが悪いなら「新宿デンタルオフィス」で治療しましょう。顎関節症や噛み合わせが悪くなる原因は人によって異なりますが、いずれも放っておくと疲れやすくなったり、慢性的な肩こりに繋がっていきます。噛み合わせの悪さを直し、健康を取り戻しましょう!

This entry was posted in 顎関節症を知ろう. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found