自分で出来る顎関節症の改善法


顎関節症という病気は、中度や重度になると病院を受診して治療を受ける必要があるのですが、軽度のものであれば病院で治療を受けなくても自分で症状を改善させることが出来るのです。病院で治療を受けると治療費がかかってしまいますので、自分で改善出来るのであれば病院に行かずに治したいものです。

顎関節症の原因というのは、日常生活の習慣の積み重ねだと言われていますので、原因となる生活習慣を改善させることで、顎関節症を改善させることも出来ると言われています。
このように自分で自分の症状を意識して改善を目指す治療法を認知療法と呼んでいます。顎関節症の治療方法として、認知療法は高い効果を上げているのです。

顎関節症は顎に異常が起こっている状態ですので、日常生活で出来るだけ顎に負担がかからない生活を送る必要があります。ですので、食事の際は硬いものは避けて出来るだけ顎に力が入らないような柔らかいものを食べるようにしましょう。

また、歯ぎしりであったり歯を食いしばるようなことがないように気をつけることも大事なことです。顎関節症による痛みは、筋肉が緊張状態になると激しくなってしまいますので、血行を良くしてあげることが改善への近道となります。

患部を蒸しタオルや温湿布で温めてあげて下さい。
痛みがそこまで無い状態で顎を動かせるようでしたら、マッサージやストレッチをしてあげるのもいいことです。

This entry was posted in 顎関節症の治療. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found