顎関節症は悪い噛み合わせが原因なの?

Pocket

顎関節症の原因として多く見られるのが噛み合わせの悪さです。
まず、噛み合わせが悪いと、左右のバランスが崩れてしまい顎関節に負担が伝わってしまいます。
顎関節への負担は自覚しにくく、顎関節症の原因が把握できなくなってしまうのです。
したがって、自分で顎関節症の原因が特定できない場合は、悪い噛み合わせが影響している可能性が高いと言えるでしょう。
そのため、噛み合わせに不安を感じている場合は、早めの治療に踏み切るべきです。
そこでおすすめしたいのが、噛み合わせの治療に定評がある専門クリニックです。
噛み合わせの状態をしっかりと調べたうえで、問題がある部分があれば矯正治療が受けられます。
その後、顎関節症に必要な治療を受けることもできるので、完治を目指せるのが大きなメリットです。
顎関節症は自覚症状が現れる前に治療を受けておけば、予防にも繋がります。
顎関節に負担が蓄積してしまわないためにも、早めに診察を受けておいてください。

This entry was posted in 顎関節症の治療. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります